すきろぐ。

美容関係を主に、iherbのレポなどを書いています。

震災に対する支援のあり方は一つじゃない。

地震によって被害を受けた熊本と大分の方々に、謹んでお見舞い申し上げます。

今も度重なる余震に怯え、過酷な避難生活を続け、疲弊しておられます。そんな状況が一刻でも早く解消されることを心から願い、出来ることをしていこうと考えています。

 

 

今日はちょっと真面目なchuckyです。

かくいう私も、地震県の出身でございまして。地震に対しては一言持っておりますし、いろいろと覚悟をしています。

東北の大震災、そして今回の熊本と大分の巨大地震

幸いなことに私自身や身内が被害に遭うことはなく、つつがなく過ごさせていただいていることに大変感謝しています。

しかし、そんな私たちだからこそ、震災に見舞われ過酷な環境下に置かれた被災者の方がを支援していかねばと強く思うのです。

 

震災直後に出来る、被災地支援とは!?

が!

だからといって支援物資を無理やり送りつけたり、被災地に押しかけてボランティアという名の邪魔をしに行くのは大反対。

現在、現場は混乱している最中です。

まだ、我々ド素人が出る幕ではない。

自衛隊や消防などの、プロがきちっと現場を安定させ、そして二次災害が起こらないことをある程度確認した上で、我々ド素人がボランティアとして入るべきです。

だから今は、心配だけれど静かに待ちましょう。

我々の出番はもう少しあと。今、焦っても意味はありません。

それでも何かしたい、という方は各自治体に問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。支援要請を受けて物資を受け付けているところも当然ありますし、お願いすることも可能でしょう。

まずは被災していない、我々が冷静に対処すること。

それが被災地支援なのです。

また、経済をきちんと回すことも大事!

だからゴールデンウィークは、お金が許す限り、あちこち出歩きましょう。そしてお金を使って、税金を国に納めて、被災地のために使ってもらう。

ほら、簡単なことでしょう?

誰にでも出来ますよ。

だから臆することなく買い物をして、普段通りの生活をしましょう。

 

熊本の気になるニュース

熊本県で有名なのはくまモン︙︙だけでなく、いちごも有名!

ここ最近はいちごが旬ということもあり、熊本産のいちごが店頭にたくさん並んでいます。

震災に関係なく、私もよく手に取っていますよー。

そんな中で、こんな記事を見つけました。

www.excite.co.jp

いちご狩りのお客さんが大量キャンセルで大変なんだそうです。

仕方ないとはいえ、悲しい事態です。

美味しいいちごが、買われずに廃棄されていくなんて︙︙。

熊本まで買いに行け! ということではなく、もし熊本県産のいちごを見つけたら、買ってみるのはいかがでしょうか。

被災していない地域から出荷されていることもあります。

だから被災地近隣の経済を助けるという意味合いも込めて、くまモン印のいちごを積極的に買ってほしいなぁと思います。

私も買いに行きますよ−。

大粒で甘酸っぱくて美味しいんですよね。熊本のいちご、大好き!

新鮮ないちご
(c) .foto project

被災地支援の方法はボランティアや募金、物資の送付だけではありません。 

いろんな形があるのです。

だから自分には何が出来るだろうか? と考えながら情報を探っていくと良いのではないでしょうか?

 

最後に、続く余震が早く落ち着いて、被災された方々が安心して暮らせるようになることを祈って。