すきろぐ。

美容関係を主に、iherbのレポなどを書いています。

簡単で栄養たっぷり常備菜3選! その2

お野菜をたくさん食べて健康維持&美肌を目指そう!

野菜大集合!
(c) .foto project

お料理を結構頑張ってます、chuckyです。

先日、富田ただすけさんの常備菜をご紹介しましたが、今回は富田さん以外のレシピも紹介しようと思います。

簡単なのでぜひ作ってみてくださいね。

 

オススメ常備菜、3品紹介!

これからが旬!簡単美味しい「なすの煮物」

www.sirogohan.com

私が持っている富田さんのレシピ本「週末仕込み弁当」ではナスの田舎煮というレシピの方が記載されています。

なので私が作っているのはそちらの方。

HPにも載っているかな? と思ったのですがなかったので近いものをピックアップ。

ナスの煮物はナスを切って出汁で煮て、そして冷めるまで放置するだけなのでとっても簡単。

そして美味しいお出汁で作れば、噛むとジュワ〜っとしみだしてくる出汁とホロホロのなすが美味しくて、もう︙︙!!

もともとナスが大好きなので、お気に入りのレシピです。

なすの田舎煮の方は出汁がなくなるまで火を入れてから、お弁当用に分けて冷凍しています。

温かくても冷めても美味しい、とっておきです。

 

洋食の定番「にんじんのグラッセ

www.kyounoryouri.jp

いつの時期もお安く手に入ることが多いにんじん。

安い時に大量に買った時はグラッセにして冷凍保存しちゃいます。

上に貼ったレシピはバターを使うものですが、私はにんじんとお砂糖、そして水で作ります。

水は人参がかぶるくらいまで。

お砂糖はにんじんの本数分の大さじ。(つまり、3本使うなら大さじ3杯)

本当にこれだけで美味しく出来るの!? と思ったあなた!

出来るんです!

私も半信半疑で作ったのですが、これがなかなかいい!

甘くて美味しい当たりにんじんを使えばさらに旨味アップ!

こちらもかなりおすすめです。

冷凍保存もできますから、カップにより分けて冷凍→お弁当にインで簡単に隙間が埋められます。

にんじんのグラッセも作りたてより、粗熱をとった方が美味しいです。だからもし普通にご飯で、という時は少し早めに作っておくといいでしょう。

 

和えるだけで簡単! 「胡麻和え」

www.sirogohan.com

富田さんのHPにレシピがあったので拝借ー。

私が作っているレシピではありませんが、参考になりますのでどうぞ。

私が作っている分量は

 ・胡麻大さじ1

 ・砂糖小さじ1〜2

 ・醤油大さじ1

といった感じ。

私は小さなすり鉢とすりこぎを持っているので、胡麻を自分ですります。そのほうが胡麻の風味がきちんと出るのです。なので100円均一でもいいので、小さなすり鉢とすりこぎを買ってみてはいかがでしょう? 胡麻をすれるというのは何かと便利ですよ。

貼り付けているレシピではほうれん草を使っていますが、他にもいんげんや小松菜を胡麻和えにしても美味しいです。

先日は業務スーパーで買ってきたベルギー産いんげんを使って胡麻和えにしました。これがとっても美味しい!

冷凍インゲンを電子レンジで2分くらい温めて、胡麻タレに和えるだけ。簡単に素早く小鉢が出来ちゃう。

もちろん、お弁当に入れてもいいですよー。

けれど、冷凍食材を使う場合は再冷凍となって味が落ちてしまうので、お弁当用に冷凍する場合は生野菜を使うことをオススメします。

ほうれん草も小松菜も最近、安く売っていますからね。

買ってみてください。

週末仕込み弁当 [ 冨田唯介 ]

価格:1,296円
(2016/4/25 23:50時点)
感想(7件)

春は美味しいお野菜がたくさん出回ります。

新鮮で美味しいお野菜を常備菜として作り、たくさん食べて健康と美容を手に入れちゃいましょう!

以上、今日は常備菜のオススメその2でしたーん。