すきろぐ。

美容関係を主に、iherbのレポなどを書いています。

イボ治療の補助として、ビオチンのサプリメントがおすすめです。

イボ治療促進の補助として使うと、とても優秀なビオチン。

戦う女の子

手に出来たイボは一応、いなくなりました。chuckyです。

イボとビオチンで検索されることが多いようなので、今一度イボ治療について書いておこうと思います。

私自身は病院でのイボ治療は行ったことはありませんが、身内が治療を行っていたので、ネットだけの伝聞ではありません。

といっても、10年くらい前の話なので、今の治療法もあわせて書いていこうと思います。

皆さんのイボが治りますよにという願いを込めて。

 

ビオチンはイボに効果がありそうだけれども

先にも書いたとおり、イボ、ビオチンで検索かけてたどり着く方が結構います。

皆さん、イボを治したくて検索なさっているのかと。

先に結論をいいますと、私の手の指に盛り上がっていた部分のイボは、ビオチンのサプリメントを飲むことで一応、いなくなりました。

けれども!

根が完全に根絶できているかどうかは、正直わかりません。盛り上がりがなくなり、痛みや違和感はなくなりました、というのが正直なところです。完治とは言えないかもしれません。一度復活しかかりましたからね。ビオチンをもっと長期間飲み続けないといけないだろうな、と感じています。

そして私の手に出来たイボは本当に小さいものでした。1mmに満たない、よーく触らないとわからない程度のものでした。だからサプリメントでも効果があったのでは、と考えています。簡単に言うと、生り始めだったから効果があったのかも、ということですね。

なので、比較的しっかりイボに成長している場合は、効果が期待出来ないかもしれません。ですのでまずは、医療機関への受診を進めます。民間療法、知識のない個人の判断での対処は、絶対にやめてください。

ちなみに私は一度、皮膚科を受診しています。そこでお医者さんに「イボだと思うけど、小さすぎて判断が出来ない。様子を見て」と言われて塗り薬をもらいました。それを塗って成長を促している途中で、美肌サプリとして手にとったビオチンが、たまたま偶然、治療に役立った、という流れなのです。

だから一度は絶対に、病院に行ってくださいね。私からのお願い!

 

どこを受診すればいいの?

イボは皮膚の病気なので、基本的には皮膚科で大丈夫です。

けれど最近は整形外科系でもイボの治療をしてくれるので、そちらを受診しても良いですよ。

ここはもう、個人の都合で良いと思います。

 

治療法について

イボの治療は大きく3つあります。

 

レーザー治療

炭酸ガスレーザーというものを使って、イボを焼いていきます。レーザー治療のため、出血はほとんどなく、痛みもそれほどないんじゃないのかな?

最近の治療はこちらが主流な感じです。

ただし、結構お値段が張ります。

5mm程度の大きさのイボの治療で¥5,000前後。

そして治療期間は大体3〜5ヶ月だそうです。治療期間はイボの大きさによります。

お値段は病院ごとに代わるので、お近くの病院のHPなんかで下調べをしてから受診してください。

ほとんどの皮膚科、整形外科で取り扱っているはずです。

 

液体窒素による治療

昔からある治療法ですね。

イボを液体窒素で焼いて殺す。イボは基本的に菌による炎症なので、液体窒素で焼いて菌を殺すのが一番正確なんだそう。

この治療法、身内が受けていたのですが、ものすごーく痛いです。

値段は安いし、確実な治療法なんですけどね。

死ぬほど痛い。そこが難点。

膝なんかは慣れるようですが、指先とか、繊細な箇所はもう、言葉にならないそうです。近くで見ていて不憫でした。仕方ないけど。

お金がないけれど治療しなくちゃ、という方はこちらを行うことになると思いますけど、頑張ってください!!!

 

内服薬

飲み薬を使ってイボを治療する方法です。

ヨクイニン、という飲み薬が主流だとネットで拾いましたw

ただ、あんまり効果がないとする症例もあるようです。詳しくは受診した医療機関で聞いてください。

さて、ヨクイニンはお薬ですが、同じ効果をもたらす食べ物があります。

それがハトムギです。

ハトムギは美肌効果がある食べ物ですから、イボを直しつつ美肌になる! という感じで食事に取り入れるとよろしいかと。

ハトムギ茶とかグラノーラとかがありますよ。そちらを取り入れるのも、いぼの完治への近道になるでしょう。

 

ビオチンサプリメントはあくまで補助として使おう

サプリメントというものは、基本的には補助食品です。

それを摂取していれば必ず効果が現れるものではありません。

まず一番正さなくてはならないのは普段の食生活。ちゃんとした食生活をした上で、不足気味のものをサプリメントで補う。この基本を忘れないで下さい。

そして私の場合は、ビオチンがイボに効果がありましたよーというお話をしましたが、それでもビオチンサプリメントに手を出すのはちょっとまだ勇気が出ないという方もいらっしゃると思います。

まずビオチンはビタミンです。なので普通の食品に含まれます。きちんと3食、バランスを考えて食べていれば不足することはありません。

が、イボ治療のためにちょっと多めに摂りたいなーと思われた方はビオチンが多く含まれている食品を意識的に摂ってみてください。もしかしたらそれだけでもイボ治療の助けになるかもしれません。

ビオチンは魚類、果実類(ナッツね)、卵、肉(主にレバー)、海藻、豆類に多く含まれています。

詳しくは自分で調べてみてね。ここら辺は長くなってしまったので省略します。

 

終わりに

イボの治療は結構、勇気がいるものです。

でも放っておくとどんどん大きくなって、治療が辛くなります。

だから小さいうちに、皮膚科や整形外科をきちんと受診して治療を開始しましょう。

そして治療を続ける中で、ビオチンを補助として取り入れる。

それがイボを早く、キレイに治療する近道です。

一緒に頑張りましょうね。

 

ちなみにiHerbでも取り扱いがあります→ビオチン

よろしければどうぞ。

初回購入の方は紹介コードに【SJV923】と記入すると10%オフになります。こちらもぜひ使ってみてくださいね。

 

また、楽天でも取り扱いがあります。私も同じものを飲んでますので、安全性に関しては心配ないかと。

 

ぜひ、試してみてくださいね。

お肌もピカピカになりますよー。超絶、おすすめ!

 

以上、今日はイボ治療に関する雑感をご紹介しましたーん。