読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すきろぐ。

美容関係を主に、iherbのレポなどを書いています。

【貯金】皆さん、ちゃんと貯金出来てる?

貯金はやろうと思えば出来る、はず!

紙幣

今年はちゃんと貯金ができているchuckyです。

4月から大学生、そして社会人になった方々は、そろそろ自分の収支がわかった頃合いではないでしょうか?

そして新生活が始まって初めての夏も過ぎ、そろそろ貯金を開始したい〜なんて思っていらっしゃる方も多いはず。

今からきちんと貯金をしておけば、いざというとき慌てなくてすみます。なので、そろそろ本気で貯金を始めてみませんか?

参考になりそうな記事を見つけたのでそちらを紹介しつつ、私なりの貯金のための考え方を書いていこうと思います。

 

あんまり身構えずに貯金をしよう!

心得

貯金というと、結構ハードルが高いと感じている方がおられるのではないでしょうか?

あるいは使わずにきちんと貯金できるか不安、使ってしまいそうだと、不安に考える方もいらっしゃるかもしれません。

そんな時には「4分割貯金」というものを始めてみてはいかがでしょう?

詳しくは以下の記事をご覧ください。

iemo.jp

記事、読みました?

それでは各ステップごとに、chuckyなりの考えを書いていきますね。

 

ステップ1:収支を書き出す

毎月のお給料(大学生の場合はバイト代)を書き出します。

そして次に、1ヶ月の固定支出を書き出すと良いです。

固定支出とはつまり、必ず出て行くお金のことです。生きていく上で必ずかかる支出(家賃や光熱費、ネット代、携帯代など)を書き出して、把握することが大事です。

固定支出を書き出したら、次は食費と雑費を書き出します。

一番ネックなのがこの食費。人によって大きく異なります。

だから、ここ数ヶ月でどのくらいかかったかな〜と思いを馳せながらはじき出しましょう。ちょっと多めに書き出すのがポイントです。よくわからないなーという方は週分割してみるといいです。それをざっくりまとめて1ヶ月分、とするとわかりやすいですよ。

雑費は日用品などを購入した金額です。

そして忘れてはいけない医療費。いつ風邪をひいたり怪我をしたりするかわかりません。歯医者にかかる可能性も! この医療費は毎月計上しておいて、積み立てておくといいかもしれませんね。この医療費積立金があると急病の時に慌てずにすみますよ。医療費がかからなかった月は来月へ繰り越す。そういう癖をつけるとよいでしょう。

最後にお小遣い(交遊費、娯楽費)を書き出します。

最後に収入と支出と突き合わせ、支出がきちんと収入の中に収まっているか見てみましょう。

どうです? ちゃんと収まっていますか?

もし赤字になっていても、一旦置いておきましょう。

他のステップで調整をしますので、とりあえず次に!

 

ステップ2:貯金額を決める

収支を確認したら、次は貯金額を決めます。

一番簡単なのは、収支確認をして余った金額をそのまま貯金額とすることです。

最初から「月3万貯めるぞ!」とやってしまうと、つまづきやすくなります。だから最初は余った金額、それがたとえ千円でもいいんです。とにかく貯金をする癖をつけましょう。

 

ステップ3:支出を4つの項目に分ける

ステップ1で赤字になってしまった方は、ここで全体をざくっと見なおして、収支を整えましょう。

そして黒字だった人は、今一度収支を確認して、貯金額を増やせそうな場合は増やしてみたらいかがでしょう?

もちろん、無理のない範囲で貯金額を決めることが第一です。無理な節約をしてストレスをため、散財したなんてなったら大問題! そうならないための貯金なのですから、ストレスフリーかつ貯められる金額を決めましょうね。

 

ステップ4:銀行に振り込む

ここは説明するまでもないですよね。

私は自分で振り込んでいますが、銀行で手続きをして自動で貯金出来るようにすることも出来ます。

積立定期というものですね。

そのほうが確実に貯金出来ますが、赤字になってしまうと大変! だから貯金になれるまでは自分で振り分けで振り込むと良いですよ。

貯金に慣れ、癖がつき、確実に貯金が出来るようになったら積立定期を始めてみてはいかがでしょう?

毎月1万円からでも積立定期を始めれば、年に12万円は確実に貯まります。そこから少しずつ貯金額を上げていけば、あ~ら不思議。知らぬ間にちゃんとした貯金が出来ちゃう!

 

ざっくりとした家計簿をつけよう

スマホ

最近はスマホアプリでたくさん、良い家計簿アプリが出ています。

私は1ヶ月の収支を管理するアプリを愛用しており、日々の細々とした金額は記入しません。

細かく記入するタイプのアプリを使ったこともありましたが、ずぼらな性格が災いして3日で使わなくなりました。その上細々と記入しているとストレスが貯まるんですよね。1日に使える金額があんまりないので、使って記入してストレスになる、みたいな。

だからざっくり記入できるアプリを活用することで、ゆるやかに支出を管理するのが、自分にはあっていました。

という感じなので、無料のスマホアプリをあれこれ使って、自分にあった収支管理をするといいと思います。

もしかしたら手書きの家計簿の方が性に合う人もいるかもしれませんね。そういった方は本当に尊敬します。手書きで細かく書くなんて、私には想像さえ出来ません!

まあ、とにかくやってみるとよいですよー。

 

以上、今日は貯金を始めよう〜な内容でしたーん。