読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すきろぐ。

美容関係を主に、iherbのレポなどを書いています。

【京都旅行】思いつきふらり旅。京都・淀にある魚楽さんに行ってきました!

海鮮丼という誘惑に負けて

ととらくさんに行ってきた

京都に行ってきました。chuckyです。

なんというか、超突発的な旅行でございました。なんだか急に行きたくなったんですよね。

時間もあってヒマだし、というわけで行って来ちゃいました。

そんなわけで今日から数日は京都旅行記でーす。

 

 

出発直前に大問題発生!

私が京都に向かったのは9月20日

そう、台風襲来日でございました。

けれども、なんとか行ってきましたー! もうね、意地。根性!

ただし、初日はがっつり台風とぶつかったため、観光はさっぱり出来ず、京都駅で足止め。

しかーし、ギリギリで一箇所、今回の旅の大目的である場所には行けましたよ。

そんなわけで、行ってきました。

京都・淀にあるご飯屋さん「魚楽(ととらく)」さん!

 

なぜ魚楽さんに行ったのか?

大人気のブログ「みんなのごはん。」さんで紹介されていたのを見て、魚楽さんを知り、行ってきたのです。

該当記事はこちら〜。

r.gnavi.co.jp

ああもう、画像を見るだけでよだれが出ちゃう。

丼のネタを食べつくしたら、ネタ変え(例えばネギトロ丼を食べていた途中で別のネタに載せ替えることが出来るのです!)が出来るステキなお店。

しかも素晴らしいのはそこだけじゃありません。

魚楽さんの丼は、ものすごくボリューミー!

ネタがすごく、たくさん、乗っているのです!!

お腹いっぱい、心ゆくまでお刺身やらが食べられるのに、ネタを変えることも出来るなんて!!!

記事を読んだだけでわくわくしてきまして、どーしても我慢出来なくなりまして、それで訪ねたわけです!

いざ、実食!!!

 

大ボリュームの海鮮丼!!!

どんぶり

はい、写真どーん!

一番スタンダードなマグロの2色丼を頂きました。

値段は¥500(税抜き)です!!

マグロ大好き! ねぎとろ大好き! なので個人的にはベストチョイスだと思っています。ああ、美味しかった。本当に美味しかった。写真を見返すだけでもあの味がよみがえる。じゅるり。

写真で見るだけでもこんもりネタが乗っているのがわかるでしょ!?

大きさがよくわからない? ごめーん☆ 比較対象がなかったんだもん。

というわけで説明をば。

丼自体はそんなに大きくなかったです。普通のお茶碗の二回りくらいの大きさ、よりはもうちょっと大きいかな? それでも店屋物なんかで見る丼よりは小ぶりでした。

しかし、底が深い。結構深い器でございました。

その小ぶりながら底が深い丼にご飯がたっぷり敷き詰められています。といっても、ぎっちぎちに詰められているのではなく、ふんわり盛られておりまして、口当たりが柔らかくふわふわな酢飯でございました。だから、ご飯ばかりがおおい海鮮丼! という感じでは全然ありません。ご飯の量はそこそこ多いなと思いましたが、それでも多すぎることはありません。

ちょっとこの酢飯のお話をはさみます。

私は中部圏の人間なので、関西の酢飯はまったく存じ上げません。なのであくまで中部圏の人間が感じた魚楽さんの酢飯のレポになります。

この丼の酢飯は、酢飯というより甘いご飯って感じでした。酢の酸味がほぼしません。まあ、酢飯は甘めなものではありますが、こちらの酢飯酢飯というより、甘酢飯。みりんが強いのでしょうか。酢飯! という感じは全くしませんでした。なのでお寿司屋さんで食べる酢飯を考えていた私はびっくり。酢飯が酸っぱくない、だと!? と面食らいました。

けれどもこの甘酢飯が本当に、本当に、ほんとーに!! 美味しいのです。絶妙な甘み加減。最後にちょこっと顔を出す酢の酸味がすごく爽やかで食欲をそそります。

なんと言っても、マグロの旨さを全く邪魔せず、むしろ引き立たせるようなお味でした。

甘めの酢飯なのに、こんなポテンシャルを秘めているとは!!!

と、驚愕しきりでございました。

関西の酢飯って甘いのでしょうかね? 検証のためにも他の場所でも酢飯を食べてみようかなぁ。どこかいいところがあるかしら。

さあ、そんな甘い酢飯の上に乗っている2色のマグロ。

ちょこっとだけ乗っていると思うでしょ?

違うんです!

この2色マグロ、3センチくらいの厚さがありました。その証拠写真をとっていなくてごめんなさい。しかし、食事中に写真を撮るのはマナー違反なんで勘弁してください。

あまりにもこんもり乗っているので、最初は手前の舟型の器に醤油を入れて、ネタだけ頂きました。

ねぎとろおいしー!!!

新鮮でふわふわで、しかしどっしりとしたねぎとろさんでございました。赤身もトンボも両方すごく美味しかったです。マグロの味がしっかりとしていて、がっつり食べられて幸せ〜って感じ。

ある程度食べたところで醤油をまわしかけ、甘酢飯と一緒にいただきます。

ホワァ、美味しい。

ネタだけでも美味しいし、甘酢飯だけでも美味しいし、一緒に食べても美味しいし、もうなんなの? 幸せすぎるんだけど!!

っていうのが全体の感想です♪

深めの丼にふんわりご飯がたくさん詰まっていて、食べきれるか不安だったのですが、なぜだかするりと食べきれました。極端に少食でないかぎり、女性でも完食出来るはずです。

ただ、ネタ変えはしませんでした。

というのも、朝ごはんをしっかり食べてしまったので、ネタ変えをしたら食べきれないかもしれない、と考えての判断です。

次に行く時は朝ごはんを控えめにして、ネタ変えをするぞー!

そんなわけで、京都旅行の際にはぜひ、淀まで足を伸ばして魚楽さんを訪れてみてください。

本当に美味しくて、お腹も心も大満足で幸せになれます。

 

お店の詳細はこちら

https://www.facebook.com/totoboss555/

フェイスブックのページしかないので、住所と番号を記載しておきます。

 

魚楽(ととらく)

住所:京都府京都市伏見区淀本町173-82

電話番号:075-632-6303

定休日:水曜日(水曜日が祝日の場合は営業、翌木曜日が休み)

 

場所は淀駅前、すぐです。

実は駅に到着した段階で土砂降り。行けるか不安だったのですが、本当にすぐそこだったのであんまり濡れずにすみました。帰りも然り。

そして淀駅には京都競馬場があります。

つまり、競馬が開催される日はお店が混む可能性がありますのでご注意ください。

私は11時30分頃行きましたが、まったく混んでいませんでした。

しかし、店内はとっても狭いです。10席もなかったかな。私が食べ終わるくらいに12時頃になったのですが、常連っぽいお客さんが4、5人連れでいらっしゃって、そのあとも別のお客さんが来たりとあっという間に満席になってしまいました。なので時間をずらして訪れる方がいいかもしれません。

もし混んでいる場合はテイクアウトにして、近くの公園で食べるのもいいかもしれませんね。その場合、ネタ変えは出来ませんけれども。

 

本当に美味しいお店だったので、ぜひ行って見て下さいね。

 

以上、今日は台風の中強行した京都旅行で行った、淀駅前の魚楽(ととらく)さんのご紹介でしたーん。