すきろぐ。

美容関係を主に、iherbのレポなどを書いています。

成城石井で買える米麹の甘酒を飲んでみました

【成城石井】念願の麹だけでつくったあまさけをゲット!

飲む点滴

いよいよ寒さが本格的になってきました。chuckyです。

もう最近は冷たいものは控えめで、常温にするか温かい飲み物がおおくなってきました。もっとも、夏でも温かいお茶は飲んでいたんですけどね。

さあ、寒さに勝つために必要なのは体の内側から温めるけど低カロリーで栄養素の高いものがいい、というのが共通認識。

その中で最強とも言えるのが『甘酒』。ダイエットにもいいなんて話もあり、すっかり定番になりましたね。

その中でも美味しいと評判の『麹だけでつくったあまさけ』を買って飲んでみたのでレポしまーす。

なかなか売ってない、レアものあまさけ

甘酒

成城石井で買いました、あまさけとジンジャーエールですw

ジンジャーエールも美味しいと評判で、お試しで買ってみました。こちらはおまけなので、最後にレポりますね。

では、写真左からご紹介します。

 

乳酸発酵の麹あまさけ

内容量:180ml

価格:¥210(税別

 

成城石井ジンジャーエール

内容量:500ml

価格:¥139(税別)

 

麹だけでつくったあまさけ

内容量:180ml

価格:¥190(税別)

 

青い頭と赤い頭の2種類の甘酒。こちら、製造元は同じようですが、中身が違います。

さて、どんな違いがあるのでしょうか?

 

麹だけでつくったあまさけ

赤い頭の方からレポります。

というのも、こちらがスタンダードだからです。写真の並びを間違えましたねぇ。帰ってきてすぐ適当に並べて写真を撮ったのがいけなかったわ。

こちらの甘酒は米麹だけを使用して作られた甘酒ですので、ノンアルコールです。朝や会社で飲んでも大丈夫。米麹で作られた甘酒最大の利点ですね。

それからブドウ糖、アミノ酸、ビタミンB群などがたっぷり入っており、とっても健康に良いそうです。この辺は公式サイトを御覧ください。

八海山

味についてですが、さっぱりとした甘みがあります。酒粕で作った独特のお酒くさーい甘さはまったくなく、まったりと優しい味わいです。麹の柔らかい甘さがふわっと広がり、とっても美味しかったです。

実は私、甘酒が大の苦手。しかし、飲む点滴とも呼ばれて栄養価は高いし美容にも健康にもいい! と聞いたら飲まないわけにはいきません。

で、あれこれ飲んでみた結果、私が苦手なのは酒粕で作られた甘酒。米麹で作られた甘酒は問題なし! でした。

そこからいくつか飲んでみて思うのは、今回の麹でつくったあまさけはさらっとした飲みくちで優しい甘さでかなり好きということ。甘ったるい他の甘酒とは飲みくちが違います。これはとっても美味しい、飲みやすい。

なので甘酒が苦手だけど、健康のために美容のためにちょっと飲んでみたい。という方におすすめです。

特にこの180mlサイズはお試しとして最高です。普通の紙パックだとだいたい200ml。意外と飲みきれないんですよね。苦手な味だと。だけどこちらはちょーっと少ないし、ぐいっと飲みきれてしまう量。お試しするなら断然、おすすめです。

ただ個人的には、ちょっと濃厚かなーって感じました。お湯や豆乳、牛乳で割りたい。8割この甘酒で2割くらい他の飲み物で割るといいバランスかなと思いました。これは人それぞれなので、気になる方はちょっと飲んでみてから割るかそのまま行くかを選んだほうがよろしいかと。

それでもこちらの商品、めっちゃ人気がありまして、すでにこのサイズのあまさけも店舗から消えておりました。私が買った時点で一列くらいしかなく、その一列も7割くらいしかならんでなかったんです。

というか! 本当は825gの大きいボトルも置いてあったんです。だけど苦手な味だったらどうしよう、と迷ってその日は見送り。2日ほど過ぎてからもう一度店舗を訪れたらなんと売り切れ! しくじったーと思っていたところで180mlの小さい方を見つけて即買いしました。

取扱店舗は上の公式サイトでも紹介されているので、そちらを調べるか通販で買うかの2択なんですけど、ガチな人気商品なので在庫切れに注意してください。

美味しいから売れるのも納得! な甘酒でした。

あ、ちなみのこちらは冷蔵商品として陳列されています。が、わたくし冷たい甘酒を飲んだことがございませんので。コップに移してレンチンしてから飲みました。温かい甘酒、めっちゃ美味しかったです。温かくしてもいい飲みくちの甘酒です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【要冷蔵】八海山 麹だけでつくったあまさけ 118g
価格:205円(税込、送料別) (2017/10/21時点)


 

 

乳酸発酵の麹あまさけ

こちらは麹でつくったあまさけに乳酸菌を使って発行させたバージョンだそうです。

パッケージにも書いてありますが、酸味がプラスされています。乳酸菌プラスだからヨーグルト的な酸味かと言われると、またちょっと違うような気がしました。なんて表現したらいいのかわかりませんけれども。

で、味の感想ですが、上のあまさけに酸味が追加された感じ。あまーい甘酒を望む方にはちょっと趣が違うかな? 私もパッケージは見ていたのですが、あまりの酸味にお、お!? とちょっとびっくりしました。

飲めないほどではないのですが、私はちょっぴり苦手な酸味。甘い甘酒を飲もうと思っているとそのギャップに驚き、ちょっと手が止まっちゃうかも。この酸味を覚悟して飲まないとがっかりしちゃうかな、というのが正直な感想でした。

うむ、私は麹でつくったあまさけのほうが好きです。乳酸菌はヨーグルトで摂る。以上! って感じでした。

人好き好きですが、ちょっぴり人を選ぶあまさけでした。

 

【おまけ】成城石井ジンジャーエール

ジンジャーエールというとウィルキンソン! なわたくしですが、ネットで生姜のさわやかな後味が最高! という評判を見て騙されたと思って買ってみました。

ほんとに騙された!

なにこれ、めっちゃおいしい! ジンジャーエールってこんなに美味しかったの!?

という感想。

カムカムの自然な甘みに微炭酸の控えめなシュワシュワ感。そして最後にふわーっとくる爽やかな生姜の風味が絶妙! ちょっと私の中のジンジャーエールのイメージが変わりました。実はあんまり美味しいと思ってなかったんです。今日炭酸が多いし、辛いというイメージが強くて。

でもこちらの商品は微炭酸だから、ジンジャーエールの味を楽しむことができます。こんな味だったのか、と今回ようやく知ることができましたw 美味しいですねw

今から冬になってしまうので、こういった冷たい炭酸の活躍は減ってしまうでしょうけれど、騙されたと思って見かけたときには買ってみてください。こんなに生姜が美味しい飲み物は初めてです。ちなみにわたくしは生姜も苦手なんです。ちょっとは克服できたかな。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

成城石井 ジンジャーエール 500ml×24本
価格:3888円(税込、送料別) (2017/10/21時点)


 

 

まとめ

なかなか好みの麹甘酒が見つからなくて、あれこれ買ってきました。けれど今回『麹だけでつくったあまさけ』を飲んでみて、これだ! という確信が持てて嬉しいです。

目下の悩みはなかなか売っている店舗がないことと、人気すぎてなかなか買えないことですけれど。

本当に期待を裏切らない美味しさの甘酒なので、ジンジャーエールともども騙されたと思って買ってみてください。

 

以上、今日は成城石井で買った甘酒のご紹介でした。