すきろぐ。

美容関係を主に、iherbのレポなどを書いています。

11月3週目のつくりおき

【今週のつくりおき】品数少なめな今週

野菜花束

さ、寒い。chuckyです。

寒いの苦手です。お外出たくない、というか部屋の中が寒いのもいや。だけどエアコンは乾燥するから大嫌い!!

ぐっと寒くなってきましたね。こういうときはお鍋を食べてポカポカするに限ります。しかーし、最近は作り置きをしているのでへいじつにお鍋をするタイミングがございません。だから冬は少しつくりおきを減らすかもなーと思っております。

そんな予兆を感じさせる今週の作り置き、ご紹介しまーす。

今週は4品つくりました

つくおき

こんな感じです。いつものように写真左上からいきます。

 

  1. ツナにらにんじん
  2. 豚じゃがピーマンのうま炒め
  3. 大根のうま煮
  4. 小松菜とちくわのあま辛炒め

 

以上となります。

新レシピは2品、リピート1品とアレンジ1品ってな感じですね。

ツナにらにんじんはにらがお安いときにもってこいなレシピ。葉物料理に困ったときのお助けレシピでもあります。初めて食べたとき、ニラの匂いが多少気になるものの、めっちゃ美味しくて感動しました。冷えても風味が落ちないので、お弁当に入れやすいのです。もしかしたら冷えている状態のほうが美味しいかも。ニラの匂いが飛び散りにくいですしね。ただし、食べたあとに人とじっくり話し合う〜みたいなときにはおすすめしません。美味しいのに、そこが難点なんですよねー。

 

大根のうま煮がアレンジレシピになります。

もともとの料理は先週、鶏肉で作りました「白菜と豚バラ肉のうま煮」でございます。シャンタンを使った料理で、ちょいと中華風な仕上がりなんですけど白菜や大根との相性が抜群なんです。豚肉、鶏肉と肉類を変えて作ること数回。大根でやったらどうだろう? おいしかろうなぁと思ってのチャレンジでした。

で、大成功!

煮立てを食べましたが、すごく美味しかったです。

今回は大本のレシピとは少し変えて、煮汁がなくなるまで大根を煮込みました。お好きな方は煮汁が少なくなったところで片栗粉を溶いてまぜ、とろみを付けるとよろしいかと。私は純粋に大根の煮物(中華風)にしたかったので、そのまま水分を飛ばしちゃいました。

中華風なのでレンコンやにんじんとも相性が良さそうです。でもそれだと八宝菜になっちゃうかも? それはそれで美味しそうなので、またチャレンジしたいと思います。

 

では、次から新レシピの感想です。

 

豚じゃがピーマンのうま炒め

細切りのじゃがいもとピーマンを豚肉と一緒に炒めております。こちらもシャンタンを使うので中華風なお味になります。

見た目、じゃがいもがたけのこっぽいですね。たけのこだとオイスターソースを絡めて青椒肉絲になりますねぇ。それはそれで美味しいですけれども。

じゃがいもは細切りにしたとはいえ、火が通りにくいので少々油を多めにして揚げ焼きにしました。じゃがいもが透ける〜ちょいと焦げ目がついたタイミングでお肉を投入。レシピでは豚肉の薄切りを推奨されていますが、今回は先日コストコで買った豚肩ロースを使いました。分厚いので時間をかけてしっかり火を通します。じゃがいもが焦げないように和えるのがちょいと手間ではありました。

豚肉に火を通して油を出したところでピーマンを入れて火を通し、調味料を入れてなじませて完成。ぶ厚い豚肉を使ったので見た目も食べごたえばっちり! な感じに。食べ盛りの男の子がいらっしゃるご家庭は、むしろ分厚い肉を使ってダイナミックに仕上げるほうが喜ばれそうです。私も食べるのが大好きなので、豚肩ロースを使って正解だったぜ! というビジュアルと量に仕上がりました。

じゃがいもが焦げ付かないように火を通すのがちょいと面倒ではありますが、味的にも量的にもかなり満足なレシピです。

 

小松菜とちくわのあま辛炒め

今週こそは小松菜を食べたい! というわけでチョイスしましたレシピです。

材料は小松菜とちくわのみ。『つくおき』の書籍に載っているピーマンとちくわのきんぴらとほぼ調味料が同じなので、そちらを参照しながら作ってもよろしいかと。ごまを入れるか入れないかの違いくらいなんです。調味料を入れる順番だけは、こちらのレシピの方が厳密に書かれています。順番を間違えると少し風味が変わるのかもしれません。失敗が怖いので言われる通りに作りましたけれどw


 

小松菜さまが小さくなってしまうのがちょいと残念なところではありますが、失敗のない味に仕上がります。ちくわも小松菜も長時間炒める必要が無いので、さくっと短時間で作れるのがいいですね。材料を切るのも手間ではありませんし。

今回はレシピ通り、小松菜とちくわのみで作りましたが、にんじんを入れたりきのこ類を追加したりしても良さそうだなと思いました。しめじを投入したら美味しくなりそう。ちょっと作ってみます。

また、小松菜をほうれん草やチンゲン菜に変えても良さそうです。ただ、チンゲン菜はちょっと水分が出やすいので味が薄くなりがちかもしれません。その辺は味見をしながら調整かな。

とにかく、時間とお金がないけど野菜が食べたい! というときに活躍するレシピでした。

 

調理時間など

今回も例によって2回に分けての調理でした。

1回目は大根のうま煮のみ。こちらはとにかく煮込みに時間がかかりました。ほぼ煮込み時間だけで20分ほど使います。大根はかぼちゃと違って煮崩れの心配がほとんどないので、中火くらいでガンガン水気を飛ばしました。それでもしっかり味がついてくれたので、いい子ちゃんレシピですね。

2回めは小松菜炒め、ツナにら、豚じゃが炒めの3品。ほとんど切って炒める料理だったので短時間調理。片付けるまでで1時間かかりませんでした。だいたい50分くらい? 細かく切るのがにんじんだけだったのも幸いしましたね。

材料費は調理の必要なしのミニトマトを含めて¥1,000ほど。にらと小松菜がほどほどにお高く、ちょいと今週はかかった印象ですね。最近はタンパク質をたくさん食べようキャンペーン中なので、卵とお豆腐を買っているのでその代金もどすっと乗っかってくるのです。総計で¥1,500くらいなので安いっちゃー安いですけど、もう少し抑えたいのが本音な感じ。でもまあ、十分ですよね。

ちなみに豆腐卵以外のタンパク質はコストコでのまとめ買いになりまーす。あしからず。

 

まとめ

今週は禁断のミニトマトを投入してちょっと手抜きしちゃいました。てへっ。

夏にこそミニトマトでしょ! と言うのはわかるのですが、夏はいろんな野菜がお安く簡単に手に入るので、むしろミニトマトは選びにくいのですよ。ちょうど今時期くらいが微妙に困るので、どうしてもミニトマトさまに助けを求めてしまうんですよね。完全に冬野菜に切り替わるでもなく、秋野菜なんてイモ類ばっかりで葉物が極端に少ないし。な、ちょっとお困りシーズンなんだと、つくりおきを初めてから実感しました。夏って本当に恵まれた季節なんですね。今更季節の恩恵を感じてます。

上にも書きましたが、最近はタンパク質多め&つくりおき野菜を思う存分食べるな生活をしています。そうしたら無理せず、若干ですが体重が落ち始めました。この辺のダイエット結果などは2ヶ月〜3ヶ月後くらいにレポできればいいなーと考えていますので、知りたい方は少々お待ちを。結果が出れば記事にします。出なければだめだったかと心のなかで私を慰めてくださいw

正直な話、つくりおきで野菜をたくさん食べたらするっと痩せるでしょ! と思っていた自分がおりましたが、ことはそう簡単ではありませんでした。やっぱりタンパク質をしっかりきっちり取らないとだめなんですね。とほー。その辺の詳しい感想もまた別途。これは失敗しても記事にしたほうがよさそうだぞよ。がんばる。

 

以上、今週のつくりおきレポでした。