すきろぐ。

美容関係を主に、iherbのレポなどを書いています。

ゆるい筋トレで正月太りをブロックできちゃった!

食べ過ぎの正月、のはずだったのに

謹賀新年

あけましておめでとうございます!

遅ればせながら、新年のごあいさつをば。

今年もあれこれ興味をそそられたものを買って試してしっかりレポをしていきます。

そんな新年1発目ですが、ちょっと衝撃的な正月太りの話から軽く始めます♪

食っちゃ寝生活だった正月

スイーツ女子

運が良いことにまるっと1週間ほど実家に帰省できたので、帰省翌日から食っちゃ寝生活をしていました。超田舎であるため、外出する先もなく。出されるご飯をそこそこ気にしつつもしっかり食べ、そしてよーく寝ました。

食事は野菜少なめの炭水化物中心+そこそこのタンパク質。朝は食べずに昼夜のみ。さらに気が向いたら家にあるお菓子をそこそこ食べてはいましたが、昔ほどもりもり食べてはおりません。といっても夜10時過ぎにチョコ食べたりジュースを1杯飲んだりと、一人暮らしをしている最中の食生活では考えられない暴食っぷりを発揮しておりました。

そして睡眠は平均で8時間ほど寝て、さらにお昼寝を1〜2時間w お昼を食べてゲームをやったら、夕方ちょい寝。みたいな状態だったわけです。

どうです? 立派な食っちゃ寝でしょ?

ただ、おやすみ後半は夜の白米をほぼ食べませんでした。というのもお昼にガッツリ食べるのでお腹が空かなくて。しかも動かないものだからお腹が空くわけもなくw

まあ、太ってもいーや♪ と思ってストレスフリーな生活をしておったのです。

 

一人暮らしに戻って体重測定。そして衝撃が!

帰省から帰宅後、おそるおそる体重計に乗ってみると、なんと

体重が変わっていませんでした!

あれだけ、ぐうたらしていたのに!

家から1歩も出ない日が多かったのに!

体重が!

増えていないなんて!!

と、だいぶ感動しました。

やったねーと思いつつ、いくつか正月太りをブロックできた理由を考えてみました。

 

正月太りを防げた理由

ダンベル

まずはゆる筋トレ!

12月は尻トレと美ボディメイクという2冊の筋トレ本をご紹介しました。実は年末の生理前〜生理中〜帰省中の約2週間ほど、まったく筋トレをしてはいませんでしたが、そのまえ1ヶ月ほどは結構頑張って筋トレをしてきました。

それにプラスして、実はほぼ毎日1時間のウォーキングと少々のスクワットもここ1年続けてきていたのです。

この2種類の筋トレ(プラス有酸素運動)がようやく実を結んだのか、今年の正月開けは体重に変化なしという素晴らしい結果に!

やっぱり筋トレって大事ね。一番カンタンに痩せる(というか引き締めるというか体重を増やさない手段というか)ためには筋トレだ、という結論がこんなところで出てしまいました。

正直、私はゆるーい筋トレですので、1ヶ月や2ヶ月では効果が出ません。でも、ゆるーく1年続けたことで、もっとも怖い正月太りを防げたというのは嬉しいことですし、とっても大事なこと。

継続は力なり!

と、しみじみ感じました。

ちょっと話がズレてしまいますが、私にスクワットダイエットを教えてくださった方に「食事は大きく変えなくていい」と言われていたんです。スクワットで筋肉をつけるためにはある程度食べなくてはダメ。下手な食事制限なんかをして体調を崩すのはもっとも危険! そんなことするくらいならしっかり筋肉をつけて、食べても太らない体を作りなさい、と。

食事制限で体重を落とすのは実はとーってもカンタン。だけどそれではいけません。筋肉がなければ代謝が落ちて、更に太りやすくなる。

これが負のスパイラルとなって摂食障害になってしまったり、冷え性が進行して大病を患ったりする原因になるのです。

そんなことを意識して1年、じっくりスクワットとウォーキングに取り組んだおかげで、今、結果が出たことが本当に嬉しいです。この結果を踏まえてもっと真面目に美ボディメイクの筋トレをぼちぼち続けていこうかなと考えています。

そして2つ目の理由は睡眠!

かわいい女の子

実家でぐうたら生活をするたびに実感するのですが、私は寝ないとダメっぽいです。最低でも8時間。本音をいえば10時間くらいしっかり寝ると体が復活するのです。働いているとそんなに寝るのは休日くらいにしかできませんが、今回じっくり寝て体重が安定していたことを考えると、なるべく頑張って眠らないとダメだなと感じました。それはダイエット的な意味合いだけでなく、体調的な意味で。しっかり寝て体を回復させるだけで、仕事の効率は絶対に上がります。わかっていてもできないのが社会人の辛いところですね。

いろんなダイエット指導者が言っていますが、減量には睡眠がとっても大事です。60代以下は8時間の睡眠を推奨されているのは、眠ることで体力を取り戻し、代謝を円滑に送る必要があるからでしょう。

今まではあまり意識していませんでしたが、30代になって睡眠の大事さをひしひしと感じる日々です。まだ10代や20代で実感がわかない方もおられるでしょうが、若いからこそ寝たほうがいいです。しっかり食べてしっかり動いてしっかり寝る。それだけで体重は増えません。ちょっと工夫すれば減るかもしれない!

寝ることは食べること以上に大切なことなんですね。

 

まとめ

にっこり

ダイエット、減量は目先の数字を追いかけがち。体重計に毎日乗って、増えていると焦る気持ちはよーくわかります。わかっていても、私だってやっぱり焦るし後悔しますもん。

だけど、日常とは少しズレた生活をしたとき、それまでの積み重ねが顔を出すことがあります。それが今回の正月太りのことでした。

本当に1キロくらいは増えていると覚悟していたのですが、リアルにまったく100gも増えていなかったのにはびっくりしました。

やっぱり筋トレは嘘をつかないのだな。知らないうちにしっかり効果が出ていたんだな、と嬉しく思います。この結果がモチベーションにつながりますし、いいことだらけですね。

正月太りで焦っておられる方も多いと思います。

でも、ちょっと待って。

食事を抜いて体重を減らすことはカンタンです。

でもそれは一時しのぎ。ちゃんと必要な栄養素を摂って、ゆるくてもいいから筋トレをして、そしてがっつり寝る!

これを1ヶ月、2ヶ月、半年、1年続ければ、来年の正月は正月太りで焦ることもありません。

起こってしまったことを後悔して焦るよりも、今できることに取り組むべきなのです!

いきなり10キロのダンベルを持ち上げるのではなく、1セット5回のゆっくりとしたスクワットから始めましょう。毎日ゆるく続けることが大切です。

そうして今年こそはダイエットを卒業して、心身ともに健康な1年にしましょうね。

 

以上、正月太りを防げちゃった話でした。