すきろぐ。

美容関係を主に、iherbのレポなどを書いています。

その鼻炎、グルテンが原因かも!

ジョコビッチに学ぶ、グルテン不耐症!

グルテン不耐症

あともう少しで花粉症の季節が来ちゃいますね。chuckyです。

私自身は杉花粉ではなく、イネ花粉症なので、花粉症を気にするのは5月からになります。

けれども、年々ひどくなっていてちょっと悩んでおりました。

そんな時に低炭水化物ダイエットに出会い、実践したところ花粉症の症状が収まりました。

なんでだろー? と思ってあれこれ調べていたところ、どうにも「小麦粉(グルテン)」が原因っぽいということまではわかったのですが、何がどうなって鼻炎(花粉症のような症状)が起きているのかよくわからなかったのです。

そんな中で見つけたプロテニスプレーヤー、ノバク・ジョコビッチ著の「ジョコビッチの生まれ変わる食事」という本。

読みきったのでざっくりとした感想を述べつつ、ご紹介していこうと思います!

 

謎の発作を引き起こす正体、それが「グルテン不耐症」!

ジョコビッチ

錦織圭君と何度も対戦したこともあり、プロテニスプレイヤーのジョコビッチ選手の名前を聞いたことがある方も多いと思います。

この本は彼のテニスプレイヤーとしての戦歴やトレーニング法、そして生い立ちなどが書かれています。

ユーゴスラビアで元セルビアの出身であるジョコビッチ選手は、大変過酷な幼少期を過ごしています。詳しくはこの本を読んでほしいのですが、戦争に巻き込まれ、普通の生活もままならない状況の中でテニスの練習を重ね、今ではトップ選手として活躍しているわけです。

そんな彼が19歳頃から悩まされたのが、試合中に突然起こる発作でした。吐き気、めまい、頭痛。時にはコートの上で失神してしまうこともあったようです。大変!この頃にはもうトップ選手でしたから、お金を使ってあちらこちらで検査もしたようですが、発作の原因がわからなかったようです。

しかし、とある時に母国のセルビアで医者をしていたセトジェヴィッチ博士がやってきて、ジョコビッチ選手の発作の原因が「グルテン」にある、と指摘されてから「グルテン不耐症」という体調不良の原因を見つけたということでした。

 

本当は怖い「不耐症」

不耐症、というのはアレルギーよりも少し反応が抑えめの体内炎症のことです。アレルギーよりは軽い症状なのですが、アレルギーほど過剰な反応ではないため、ただの体調不良っぽく見えてしまうのが落とし穴。原因の特定がすっごく難しいのです。

そしてこの不耐症は多くが「遅延型」であり、不耐症の物質を摂取するとだいたい5〜6時間後に不耐症状が現れるのです。そのためアレルギーと違ってすぐに反応があるわけではないので、ひじょーに気づきづらいわけです。

以上の2点から、不耐症というのは世間にはあまり認知されていませんでした。

ただ最近はジョコビッチ選手の著作が世界的に売れていることや、調査が進んでいることで徐々に認知度を上げているようです。そのために私もこの「不耐症」という症状を知ることが出来たわけです。

そんなわけで、日々鼻炎に悩んでいる、あるいは倦怠感があるなど、なんとなーく体調が悪い方は「不耐症」を疑ってみてください。アレルギーと一緒で、人それぞれ不耐症を発症する食物は違います。が、今は近所の病医院のアレルギー検査で見つけることができますから、やってみるといいですよ。保険適用で大体¥6,000程度のようです。詳しくはこの本を読んだあと、調べてみてください。

 

5人に1人が「グルテン不耐症」!

ジョコビッチ選手の著書によれば、世界の5人に1人がグルテン不耐症なんだそうです。

で、グルテンでなんぞやーという話ですが、小麦粉の中に含まれている成分で、粘り気があるものです。わかりやすく言うと、パンのもちもちな部分ですね。

このグルテンは粘性があり、胃の中で消化しにくいらしく、頑張って消化しようとしてミネラルやビタミンを過剰に消費してしまう、ということでした。そしてこのグルテンを全く消化できない病気をセリアック病というそうです。この病気は後天的に発症することがあり、そうなると一切のグルテンを受け付けなくなってしまうので大変です。そうなる前に、グルテンの摂取を控え「不耐症」止まりにしましょう、とも書かれていました。

欧州諸国は基本的に小麦食です。だからこそ、このグルテン不耐症患者が多く、かつ重度になりやすいとのことでした。日本も最近は欧米食が進み、パンを初めとした小麦粉製品を口にする機会が増えました。そのため、知らず知らずのうちに、この「グルテン不耐症」を悪化させ、鼻炎を発症したり倦怠感を感じたり、頻繁な頭痛を引き起こしたりしているわけです。

考えてみると、私は一人暮らしをし始めたあたりから小麦粉製品を食べる機会が増えました。グルテンを胃に押し込みすぎて、不耐症を悪化させちゃったのかなーと考えています。パンとかうどんとかって、ご飯にすると楽なんですよねー。だからついつい、頼ってしまいます。けれど、その便利さが「グルテン不対象」を悪化させた原因なので、最近は基本的には避けています。

 

グルテンフリーはダイエット効果もあり!

ダイエット界隈に熱心な方はすでにご存知であろう、「グルテンフリー」ダイエット。これはグルテン(小麦粉)を避ける食事をすることで、体重を減らすというダイエット法です。この本でもジョコビッチ選手はダイエット目的ではなかったにもかかわらず、約5キロも減ったそうです。

グルテンフリーは低糖質ダイエットでもあるので、確かに効果があります。けれど、ダイエット目的でやっても、体にとって最適な体重以上に減量することはできないでしょう。なので、過剰な期待は厳禁です。

そしてこのグルテンフリー食事法はグルテン(小麦粉)だけを避けるので、玄米、白米、ソバ粉などは摂取してOKです。ジョコビッチ選手も玄米をたまに食べているようです。といっても、あんまり手に入らないでしょうから、たまに食べる形なんでしょうね。

まあ、そんなわけで「グルテンフリー」食事法を実行する場合は、「日本食」を意識するだけでOK。お醤油なんかに含まれる小麦粉なんかには気をつける必要があるそうですが、パンやパスタのように大量に摂取するわけではないので、そこまで神経質になることもないでしょう。低糖質ほど辛くはないし、アレルギー(不耐)症状を軽減出来たりするのでおすすめです。私もだいぶ楽になりました! でも体重は別に減ってない! 辛い!

 

まとめ

グルテン不耐症にスポットを当てて、「ジョコビッチの生まれ変わる食事」をご紹介しました。

グルテンを始めとした不耐症について、知ることが出来るのはもちろんですが、テニスという過酷なスポーツでトップで活躍し続けるメンタルの作り方なども記載されています。強靭な心を作るためには強靭な体が必要。そう言っているような気がしました。

なので、グルテン不耐症やらグルテンフリーダイエット的な目的だけでなく、過酷な人生を戦っていくための強いメンタルの作り方なんかのためにも、この本を読むことをおすすめします。普通のダイエット本ではない点だけ、注意が必要って感じですね。それでも得るものが多い著作ですので、本当におすすめです。 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ジョコビッチの生まれ変わる食事 [ ノバク・ジョコビッチ ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/1/12時点)


 

鼻炎などに悩む方はぜひ!

そして最後に、この本の収益の一部がセルビアの洪水基金へ寄付されます。ですから、古本屋ではなく書店でお買い上げいただけますよう、お願いします。

 

以上、今日はグルテンフリーについてのご紹介したーん。