読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すきろぐ。

美容関係を主に、iherbのレポなどを書いています。

若返りのビタミン、ビタミンEオイルでアンチエイジング!

【iherb(アイハーブ)レポ】さあ、今すぐ乾燥対策を始めよう!

アイハーブロゴ

アンチエイジングが気になるお年ごろのchuckyです。

アラサーではありますが、スクワランを調べた時に25歳頃からアンチエイジングを始めないと大変、と知って戦々恐々としています。

しかし、私には若返りのビタミンとして名高いビタミンEオイルがあるのだ! だから大丈夫。ケアを始めているから大丈夫!

というわけで、今回はアイハーブでも人気の高いビタミンEオイルの使用レポです。

 

 

そもそも、ビタミンEの効能とは?

お勉強女子

最近やたらと持て囃されているビタミンE。若返りにいいだの、アンチエイジングのために摂取しましょうだの、よく聞かれる方も多いのではないでしょうか。

でも、老化を食い止めると言われても、何がどう作用しているのかわからなければ、活用することも難しいと思います。

ので、簡単に説明をば。

ビタミンEは脂溶性ビタミンです。なので、アーモンドなど脂質の多い食べ物に多く含まれています。アーモンドがアンチエイジングにいい! と言われているのは、このビタミンEが豊富に含まれているからです。

このビタミンE抗酸化作用に優れています。抗酸化作用というと、ポリフェノールなんかを思い浮かべる方も多いかと。

ビタミンEは脂溶性ビタミン。なので、体内の脂質の酸化を防ぐ働きがあります。簡単に言うと、血管内の細胞膜の酸化(老化)を防いでくれるわけです。そのため、動脈硬化の予防などにもつながります。そういった理由で、積極的にとりたいビタミンだと言われるわけなのです。

脂溶性ビタミンですから、脂質に多く含まれています。代表的なアーモンドの他にアボカドや植物油など、うなぎにたらこなどの魚介類にも含まれています。なので、カロリーを気にして避けるというのはやめましょう。ビタミンEが不足すると、体の酸化が進んで老化が進みますよー。何事も適度に摂取するのが一番です。

 

スポンサードリンク

コーヒーでメラメラパワーをGET!エクササイズコーヒー

 

これが最強のアンチエイジング効果を持つ、ビタミンEオイル!

オイルボトル

Rexall Sundown Naturals, ビタミンEオイル、70,000 IU, 2,5 fl oz(75ml)

内容量:75ml

価格:¥1,280(為替レートにより変動あり)

 

アイハーブをご利用の方は、一度は目にしたことがあると思われる人気商品。ビタミンEオイル。「70,000IU」という数値が、高濃度であることを表しております。

こちらのオイル、めちゃくちゃおすすめです!

ソンバーユよりも、アルガンオイルよりも、お肌がしっとりしてなめらかになり、キメが整います。なんじゃこりゃ!? と叫びたくなるほど、お肌がしっとり整ってくれます。

さすがは高濃度。さすがはアイハーブの製品。と納得の一品でございます。

 

どんな使い心地なのでしょう?

めちゃくちゃお肌が整うと話しましたが、正直、めっちゃ使いにくいです。

口コミをご覧になるとわかるのですが、オイルのテクスチャーが重くて重くて、たまりませんみたいなことがたくさん書かれています。それらを読んでいたのですが、いやいや、テクスチャーが重いと言ったって所詮オイルじゃん。と、ナメてかかっていたのです。

しかし!

このオイル、重いなんてものじゃありません。手のひらに出して、指先につけて、お肌にのせる。

 

伸びない!

 

乗せた瞬間、お肌にぐんぐん入っていってしまって、ぜーんぜん伸びないのです。1cmも伸ばせたら良いほう。本当にあまりにも伸びないので、そのまま使うときはポンポン肌に乗せていくしか、方法がないほどです。

しかし、私はお肌全体に使いたいのです。基礎化粧の一番最初に、ソンバーユの代わりとして使いたいのです。

というわけで、以前レポりましたアーモンドオイルと1:1くらいで混ぜて、お肌にのせております。アーモンドオイルと混ぜれば、ちゃんと伸びてくれるので、このビタミンEオイルを顔全体に塗って使いたいというかたは、お手持ちのオイルに混ぜて使うことをオススメします。ホホバオイルでもオリーブオイルでも、お肌に載せられるオイルならなんでも大丈夫です。安全面を考えるなら、無印のホホバオイルなんかがよろしいでしょう。もちろん、食用のバージンオリーブオイルやアボカドオイルでもOKですよ。

そこまでして使うのはちょっと、な方は部分使いにどうぞ。口元や目元など、気になる部分にぽんぽんのせるだけでも、効果絶大です。加齢に伴い、アンチエイジングを気になさっている方にはぜひとも、使って欲しいオイルとなっております。

 

このオイル、私はずーっと使い続けたい!

嬉しい女子

最初にも書きましたが、ビタミンEオイルを使うとお肌のキメが整います。そして、徐々にですが毛穴が閉じ始めてきました。

さらに嬉しいことは、ニキビの治りが早くなること。ビタミンEは抗酸化作用が強いので、お肌の酸化を防ぎ、回復力を早めてくれます。しかも脂溶性ビタミンであるため、肌に馴染みやすく、吸収が早い。そのためにニキビの治りも早いようです。

そして偶然ですが、オイルの使い始めの頃、カミソリで顔を剃っていたら、誤って肌をすっぱり切ってしまいました。傷口が塞がるのを待って、このオイルを上から塗って保湿をしていたら、かなり治りが早く、かつ、傷跡も残らずキレイに治ってくれました。

もちろん、傷跡に絶対効果的! とは言えませんが、ちょっと塗ってみるといいかもしれません。もちろん、大きな怪我は病院に行ってくださいね!! ちょっとした切り傷にのみ、お試しをということで。

ちょっと話が脱線しましたが、総合的に見て、このビタミンEはオイルはかなり優秀です。使いにくい分だけ、効果は絶大。特に乾燥が酷い冬にはもってこいのオイルだと感じました。夏はちょっと重すぎるのが難点。だけど、重くても手放せなくなっちゃうんだろうな。

ふわふわもっちもちのお肌になりたい、という方にもオススメ。弾力のある、きめ細やかなお肌に整えてくれますよ。

 

でも、ここだけは注意して!

驚愕美女

とっても優秀なビタミンEオイルですが、一つだけ注意点があります。

それは、紫外線に弱いといこと!

このビタミンEオイルだけが弱いというわけではありません。オイルは全般的に紫外線、日光にとっても弱い物質です。

なので、ビタミンEオイルを塗って、日光にあたらないようにしてください。オイルが変質して、お肌にダメージを与える可能性があります。オイルだけでなく、ヴァセリンなんかも、朝は塗らないようにしましょう。

なので、使い方としては夜のみの使用に留めるようにしてください。ナイトケアとして寝る前に塗る。そして朝の洗顔で落として、日光に晒さないように気をつける。

この点だけ、よーく注意してくださいね。

 

まとめ

ビタミンEオイルが、アイハーブで大人気の理由がよくわかりました。伸びないし、本当に使いづらいのですが、その分だけ本当に効果が絶大。夜塗ると、翌朝お肌がもちもちして、少しくすみが抜けた気がしました。

なにより、顔を洗っていると肌触りが良くて気持ちがいいんですよね。あ、今日は肌が元気だ! と感じて気分がよくなります。そう、お肌が元気になっている感じがとてもよくわかるのです。

酸化というのは、本当によくないのだなーと実感するタイミングでもありました。日光に含まれる紫外線や、空気の乾燥。そして酸化を促す食べ物などによって、体は日々蝕まれています。そういったものから体はお肌を守るためには、ビタミンEなどが本当に必要なのだな、大事なのだなとしみじみ感じました。

アーモンドやアボカドを食べるだけでなく、お肌にも塗る。

そうすることで内側と外側、ダブルでいたわって上げると、迫り来る老化に微力ながら抗うことが出来そうです。

25歳以上の方はもちろん、まだ20歳前後の若い方にもおすすめです。アンチエイジングは早くから始めても問題ないです。そして、遅くから始めたからって、嘆くことはありません。いつ取り組んでもいいんです。

高い化粧品でなくとも、効果があるものをきちんと使っていきましょう。

そして、いつまででも心も体もお肌もキレイな女性でいてくださいね。

 

終わりに

いつものご紹介をさせてください。

 

公式サイトはこちらから→iHerb

 

今日ご紹介したビタミンEオイルのリンクも、もう一度載せておきますね。→ビタミンEオイル

 

アイハーブでのお買い物初挑戦の方で、買い物の仕方が分からない〜という方は、他のブログさんを参考にしてください。私はちょっと面倒臭くて記事は書いておりません。テヘッ☆ でも、日本語対応しておりますし、日本にカスタマーセンターもあります。怖いことはあいりませんから、ぜひチャレンジしてみてください。

また、代引きはお金がかかるけど、だからといってクレジットカードを登録するのも怖い、という方はVプリカの使用をおすすめします。Vプリカも支払いに対応しているということですので、Vプリカの登録をして、コンビニでギフトカードを買うなりして入金し、アイハーブでお買い物をなさるとよいでしょう。私もそのうち、Vプリカに切り替えようと考えています。その時レポ記事に出来そうなら、記事にしてご紹介しますね。

 

以上、今日はビタミンEオイルのご紹介でしたーん。

 

その他のオススメ記事

www.clifelog.com

www.clifelog.com