読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すきろぐ。

美容関係を主に、iherbのレポなどを書いています。

セルカレンズを使わないのは損!

スマホで写真を撮るなら、セルカレンズを用意すべき

カメラ女子

新しいもの大好きなchuckyです。

ブログを更新するときに必須なのが写真。私はiPhoneを使っているので、そんなに画質を気にする必要もないのですが、一つだけ問題がありました。

それが、距離!

たくさんのモノを撮る時には撮りきれなかったりと、少々悩んでおりました。

そこでウワサのセルカレンズを購入! 使ってみた感想を書いていきたいと思いまーす!

 

自撮り女子の必需品! セルカレンズって何?

セルカレンズ

上の写真に写っているものが私が買ったセルカレンズです。

セルカレンズとはスマホのカメラにクリップでとりつけて使うレンズです。セルカ棒という言葉を聞いたことがある方も多いはず。あれは伸びる棒ですが、こちらはレンズなので、軽くて小さくて携帯し易いということで最近人気なのです。私も一時セルカ棒を買おうか悩んだのですが、こちらのレンズの存在を知り方向転換。だってセルカ棒って結構大きいんですもの。やっぱり携帯しやすい方がいいですよね。

というわけで、レンズの説明にうつりまーす!

こちらのセルカレンズは3つのレンズがセットになっております。

クリップに付いているレンズが「魚眼レンズ」。

そのとなりに置いてあるのが広角レンズ&ミクロレンズです。

魚眼レンズは文字通り、魚眼のようにぐんにゃりと曲がった感じに写真が撮れるレンズです。こちらは風景を撮るとわかりやすいし、面白いものが撮れますね。けれど、特徴的過ぎて活躍しなさそうな感じでした。

なので写真なし! ごめん!

そして広角レンズ&ミクロレンズ。

こちらは二枚重ねて使うことで広角レンズになり、広角レンズを外して下(薄い方のレンズ)だけを使用することでミクロレンズになります。

広角レンズについては次の項目で実際に撮影した画像を見ながら説明していきます。

ので、ミクロレンズの使用感をざっくりと。

このミクロレンズ、本当に小さなものを拡大して撮ることができます! びっくりするほどしっかり拡大してくれました。

ただね、あれです。どうして写真がないかの理由にもなるのですが、本当に小さなものを撮影できるために、比較的大きなものを撮るとすっごくぼやけてしまうのです! だから、参考に撮れるものが家になくて断念。それともうひとつ、レンズが小さすぎて外しにくいのです。指が滑って外れない。一度は外せたんですけどねー。広角レンズを壊したくないので、再チャレンジは断念というわけなのです。ごめんなさい!

では、実際に広角レンズで撮った簡単な写真を見ながら使用感をれぽっていきましょう。

 

外側カメラに広角レンズをつけてみた!

まずはレンズ無しの画像をごらんください。

外側なし

ちょっと汚れていますが、コリラックマさんです。プライズでとったものをいただきました。だいたい60cmくらいの大きさです。

普通のiPhoneの外側カメラで撮るとこんな感じ。

同じ距離から、広角レンズをつけて撮ってみた画像が以下のものになります。

外側あり

じゃーん!

だいぶ下がって見えますね。

というわけで、外側レンズで屋外で写真を撮る場合、人が多くて後ろに下がれない、あるいはこれ以上後ろに下がれないという時に大活躍してくれます。ここまで違うとは思わず、写真をみてびっくりしました。集合写真何かを撮るときにもよさ気ー。誰かに写真をお願いするとき、拡大がわからなくて微妙な集合写真になることもなさそうです。

 

内側カメラに広角レンズをつけてみた場合!

外側カメラと同様に、まずはレンズ無しの写真です。

内側なし

内側カメラはだいぶ近い印象ですね。撮るのに苦労しました。

こちらの写真は床にiPhoneの底をつけての撮影です。そうしないと全体が入りませんでした。

そしてお次は広角レンズをつけての撮影。

内側あり

な、斜めってるー! けど、ご愛嬌。

ほぼ同じ距離で同じように撮りました。が、ここまで下がって撮れるわけです。自撮りって距離が近すぎて取りづらいなんてお悩みの方にはぜひ、使って欲しいレンズですね。

という感じで、比較画像でしたー。

 

セルカレンズの注意点

セルカレンズには「ケラレ」という、四隅に黒いモヤがかかってしまうものがあります。

私が今回買ったセルカレンズにもケラレがありました。

これはもう、どうしようもないものらしいので、写真の撮影サイズを小さくすることを推奨されています。なので、通常の撮影サイズでケラレが見えてしまう場合は、撮影サイズを小さくしてくださいね。

と、いうのにプラスして、クリップをちょこちょこ動かすとケラレが入らないベストな場所が探せます。なので、大きいサイズで撮影したい場合は、ちょっとクリップを微調整してみてください。もしかしたらケラレが入らないかも、です。私の場合はこれで対処できましたのでお試しあれ。

そして外側カメラに限り、という話になります。

このレンズはクリップで取り付けますので、スマホケースをつけたまま外側カメラに取り付けると、外側カメラとレンズの間に隙間ができてしまいます。そうすると、うまく撮影できません。モヤがかかったような妙な写真になってしまいます。

ですので、外側カメラにセルカレンズを取り付ける場合は、ケースから外して裸のままで取り付けることをおすすめします。高いレンズならそんなこともないのかな? でも、セルカレンズに¥2,000以上だすのは正直もったいないです。だから面倒でも、ケースから外してレンズを装着すると良いでしょう。

 

セルカレンズの値段は?

私が買ったのは¥500くらいのものでした。

セルカレンズの価格帯はだいたい¥500〜¥2,000が主流のようですね。

今回はお試しだったので、安めのレンズを買いました。けれど、クリップから外しにくかったり、広角レンズとミクロレンズを外しづらかったりといろいろ問題があるので、¥1,000前後のものを買ったほうがいろいろ捗るな、というのが正直なところ。ここはケチらず出したほうがいいです。

といっても、¥2,000以上出すほどじゃないのもまた本当。あとは趣味で選んでしまってよさそうです。

 

まとめ

興味本位でセルカレンズを買ってみましたが、かなり使い勝手が良さそうでとっても嬉しいです。これからの撮影が捗りそう!

今回買ったレンズがすこーし使いづらいので、もしかしたら¥1,000くらいのを買い直すかも。と、考える程度にはいいものでした。

これから写真をとる機会が増える、旅行に行くからちょっと迷ってるという方はぜひ、買ってみてください。絶対に後悔しませんよー。あって満足! な便利グッズでした。


 

 

以上、今日はセルカレンズについてご紹介しましたーん。