すきろぐ。

美容関係を主に、iherbのレポなどを書いています。

突然の停電で痛感した『準備しておくべきもの』

台風の影響で大規模停電に遭遇!

驚く女性

一晩停電に遭遇しました。chuckyです。

台風すごいなー雨戸閉めようなんて気楽に構えていたら突然の停電!

すぐに復旧すると思って甘く構えていたら、日が暮れても電気がつかないという事態に。どうにも大規模な停電だったようで、この記事を書いている段階でも電気が復旧していない地域があるようです。早く復旧出来るよう祈っております。

そんなわけで未婚一人暮らしの停電の夜。

準備しておいて助かったものと準備しておくべきだと痛感したものをかるーく書いておこうと思います。

災害はいつでも起こりうるもの。これを機会に揃えてみるのはどうでしょう?

準備しておいてよかったもの

喜ぶ女の子

準備しておいてよかったなーと痛感したものは以下のとおりです。

 

  1. 小型の懐中電灯
  2. 電池(単3など)
  3. マッチ(あるいはチャッカマンなど)
  4. ろうそく
  5. モバイルバッテリー

 

一晩だけの停電だったので、食べ物系は割愛しました。

基本中の基本とも言うべきラインナップですが、あなたはいくつ準備してありますか?

どこにあるかもきちんと把握していますか?

いざというとき、すぐに使えなくては意味がありません。

常日頃からしまってある場所や使えるかどうかの確認をしておきましょう。

 

小型の懐中電灯

明かりといえばこれ! というド定番。

私が持っていたのはリラックマの小型懐中電灯でストラップがついています。単三電池2個で使える代物。

この懐中電灯の何がいいって小型かつストラップがついていたこと!

懐中電灯は電池を使って明かりをつけるので、あんまり頻繁に使うべきではありません。万が一、夜に避難するといった場合に電池切れで使えない! という事態を避けるためです。

ですので私は極力、懐中電灯は使いませんでした。

ではどのタイミングで使うのか?

それは『トイレ』!

基本個室のトイレはドアを閉めると完全な暗闇になってしまいます。そんなときは懐中電灯を持って入らなくてはいけません。

ここで床に懐中電灯を置いて用を足せば良いのですが、もしタオル掛けがあるのであれば、そこにストラップで吊るすととっても快適!

床に直置きよりも衛生的ですし、宙ぶらりんの状態だと結構個室内をしっかり照らしてくれます。

ストラップ付きの小型懐中電灯ならではの活用法でした。

 

マッチ(あるいはチャッカマンなど)

火をつけるもの、というのはあると安心です。

マッチなんて最近は見かけないですよね。私も東北の震災があるまでストックを持っていることはありませんでした。

けれども震災をみて買っておこう、と考えて購入。10箱セットみたいな大容量を買って、湿気ない場所に保管してあります。

以前はアロマにハマっていたのでアロマキャンドルやらお香なんかを焚くときに使っていました。そうやって日常使いしていれば在庫確認もできるし、使用できるかどうかも確認できるのでいいですよね。

使い方を間違えると危険ではありますが、1箱でも2箱でも持っていると安心です。ちょっと準備してみてはいかがでしょう?

大きい箱より小箱の方をおすすめします。万が一、大箱で水に濡れてしまって使えない、なんてことになると大変だからです。

そういう『万が一』も想定して商品を選びましょう。

 

ろうそく

こちらもマッチと一緒に購入しておいたものです。

今まで一度も使ったことがなかったのですが、今回満を持して登場。

1本約60分程度の燃焼時間で、結構明るかったです。1本でだいぶ明るかったので、基本的には1本だけ使用していました。

実は最初、アロマキャンドルを点けていたんですけど火が小さくて明るくない! 偶然、ろうそくを買っておいたことを思い出してひっぱりだして使いましたが、やっぱり明るさは比ではありませんでした。

ろうそくの明かりは明るい!

火を使うので注意が必要ですが、やっぱりあるとかなり心強かったです。

ただし、小さなお子さんをお持ちの方は十分に注意して使用してくださいね。

 

モバイルバッテリー

スマホの充電が切れること以上に不安になることはありません!

連絡手段が絶たれる、というのは超絶に不安になるもの。平時ならばいざしらず、台風襲来中の停電の夜、なんて何重にも不安が重なっている状態でスマホの充電が切れたら目も当たられません。

ですので、常に満タンのモバイルバッテリーは1つでも持っておくとよいです。

私も偶然、前日に充電しておいたモバイルバッテリーがあったのでかなり安心できました。これがあるのとないのとじゃ気持ちのあり方が全然違う。スマホを使っての情報収集に気後れすることがないので、必要な情報を正しい形で迅速に手に入れることができました。

今、自分がどのような状況にあるのかを即座に確認するためにスマホはかかせません。

非常時に躊躇なくスマホを使うためにも、モバイルバッテリーを持っておきましょう。

今はダイソーなんかでもありますし、一応の備え、程度でいいので準備することをオススメします。

 

準備しておけばよかったもの

がっくり男子

長時間の停電になった中で準備しておけば良かった、と思ったものも多くありました。

 

  1. ランタン
  2. 太陽光で充電出来るタイプのモバイルバッテリー
  3. 冷凍済みの保冷剤
  4. ウェットテッシュ
  5. ペットボトル飲料

 

準備しておけば良かったと思ったものは主に以上です。

今回は一晩だけ、という想定ですので食べ物は割愛しております。

 

ランタン

アウトドア、キャンプで使うようなランタンがあるといいと感じました。

今回はろうそくで代用できましたが、そこそこ明るいとはいえ、やっぱりろうそくはろうそく。ちょーっと心もとない。それに火を使うからいろいろ気を配る必要があります。緊急時に火の番までしなくてはいけない、というのはなかなかのストレスです。

ですので、ランタンはあるといい。いや、必須です。

ランタンは懐中電灯と違って全方位を明るく照らしてくれるので外に出るときも中にいるときも、とっても心強い存在。

小型でもいいのであるといいと感じました。

調べたらコストコに売っているようなので、予備の電池と一緒に買っておこうと考えています。

 

太陽光で充電出来るタイプのバッテリー

モバイルバッテリーの有用性を語りましたが、一度使ってしまうと充電はなくなってしまいます。停電時に再充電することは不可能。

そんなときは太陽光で充電出来るタイプのバッテリーがあると心強い!

というのをほんの少し前、ネットで見かけました。

本当にそう思います!!!

日が昇らないと使えませんが、それでも日が昇っているうちはある意味、使い放題!! 心強いこと間違い無し!!

今は小型で安価なものがAmazonで売っているようなので、探して買う予定です。

ないよりはまし!

有事用におひとつ準備しておきましょう。

 

冷凍済みの保冷剤

停電中は電気がきません。

当然、冷蔵庫も使えません!!!

一切開けなければ保冷状態にできますが、それでも限度があります。

ですので、日頃から大きめの板タイプの保冷剤を冷凍庫に入れておき、停電時に保冷できるよう準備しておくべきだったーと大後悔しました。アイスが入ってたのー。一つだけだったからすぐに食べましたけれども。他に冷凍食品もありましてね。全滅するかと思った。なんとか無事だったけど!

板タイプの保冷剤、家にあるんです。夏にコストコ行くときに使う用にと思って買っておいてあるのです。

が、スペースをとるので普段は外に出してあるんです。

けれども、それを冷凍庫に入れっぱなしにしておけばもう少し安心できたはず!

今回は一晩くらいで電気がついたので良かったのですが、もう少し長く停電するケースも考えられます。そういうときに備えて、保冷剤を中に入れておこうと心に決めました。

普段から2つ入れておけば、冷蔵庫の方に移動することもできますしね。

ちょっと意外な盲点だったので、取り上げました。

 

ウェットティッシュ&ペットボトル飲料

この2つは言わずもがな。

もっというとウェットティッシュはお風呂に入れないときに使えるタイプのものもあるといいです。あと、シャンプーの代わりになる〜みたいな商品も最近ありますよね。使用期限の関係があって長期保存はどうなんだろ? と思いますが、準備しておくといいなと感じました。

ただ、ウェットティッシュって結構すぐ乾いちゃうんですよねー。なんとか普段使いするようにしないと、と思いつつ。なかなか習慣つかないです。

ペットボトル飲料はあると心強い!

というか、冷蔵庫を開けられないので常温で飲める水やお茶があると本当にいいです。

今回は突然の事態でペットボトル飲料がなく、決死の覚悟で冷蔵庫を開けて麦茶を飲みました。冷蔵庫を開けるたびに冷気が逃げてしまい、中のものがダメになってしまうので、開けるべきではないのですが。飲み物がなかったのだから仕方がない。

というわけで、普段からペットボトル飲料を常備して飲む習慣をつけるといいですね。

 

オール電化はやっぱり心配

今回は電気だけですんだので、それほどパニックにならずにすみました。水道も問題なく出ましたし、ガスももちろん使えました。

ちなみに我が家はガスが通っておりまして、お風呂は無理ですがお湯をわかすことはできます。ここは結構心強かったです。もちろん、夜は危ないので使いませんでしたが。

オール電化の場合、ガス火でないのでコンロが使えません。

これ結構、有事の際に不便だなーと感じました。お湯がわかせるだけでカップ麺やレトルト食品が食べられるんですもの。温かいものが食べられる、というのはそれだけで安心できるものなんです。

だからオール電化にはしないほうがいいかもな、なんて思いました。

もし今オール電化であるならば、卓上コンロを常備するといいです。使用には注意が必要ですが、あるのとないのとでは大違いですよ。

また、アウトドアが好きな方は屋外コンロなんかを持っておくのもいいですね。お庭があって炭も常備できるのであれば、それだけで食事がなんとかなります。

あとアウトドア経験もあるといいですね。火おこしができる、テントを張ることができる、なんてスキルは非常時に活躍します。

ちょっと検討してみてください。

 

まとめ

一晩の停電なんて、生まれてこの方初めてでした。

しかも一人暮らしの実家から離れた土地で!

そこそこの準備に助けられ、パニックになることもなく過ごせてよかったのですが、いろいろと考えさせられました。

もちろん、私は一晩の停電という軽微な被害ですみましたが、大阪の方の被害は甚大です。被害に遭われた方が一日でも早く通常の生活に戻れることを祈っています。

そういう有事の際に自分一人でもなんとか生活できる術と準備をすることは一人暮らしでなくとも必要だと痛感しました。

いつ、どこで災害が起きるかわかりません。

脅しととられるかもしれませんが、事前準備は絶対に裏切りませんから、騙されたと思って準備をしておいてください。

何か起きてからじゃ遅いですし、絶対に災害に遭わない! なんてことはありえません。

少しの備蓄があるだけでも心が折れずに済みますから、自分のためにいろいろと準備しておくようにしましょう。

 

以上、今日は非常時に準備しておくべきもの、でした。