すきろぐ。

美容関係を主に、iherbのレポなどを書いています。

人気投資家、藤川里絵さんの実践本を読みました

ぶっちゃけ、株式の買い方とかわかんない

投資入門

株式投資を始めたい。chuckyです。

今回も投資入門のご本の紹介です。

渡部さんの本で投資する株の選び方を学びました。では次に株式の買い方、具体的に何をどうすればいいの? と思いまして、書き込みながら実践する本というのを買ってみたわけです。

それでは、ざっくりとですが本の感想に参りましょう。

初心者に優しくわかりやすい入門書

実践指南本

月収15万円で株投資をはじめたわたしが5年で資産を10倍にした方法を書き込みながら実践する本

著者:藤川里絵

価格:¥1,000(税別)

 

タイトルが長い!

そして大判の本で、本の厚さは薄めです。

前に紹介した渡部さんの本にくらべて、チャートの見方なんかの説明は短くコンパクト。読みやすいと同時に慎重にならざるをえない投資先の選別が軽く見えてしまう、という問題点があります。

ただ、図解や書き込みがあるぶんだけ、より実践に近い体験をすることができるので、株を購入したシミュレーションをするにはもってこい、ですね。

藤川さんならでは株の見つけ方も記載されています。女性ならではの生活密着型。私もなるほどな、と納得しながら読み進めさせてもらいました。

文章はわかりやすく、藤川さんの実際の体験も織り交ぜられているので読んでいて楽しいです。読ませる力のある文章なので、難しい言葉もすいすい頭に入ってくる感じですね。

実際に株を買いたい、けどちょっと不安な方はこの本を読んでシミュレートするのがよいでしょう。

株の見つけ方から口座開設、そして実際に株を買って、様子を見て売るところまでを疑似体験できますよ。

読み終わると、なんだか自分で株を買って売って、そして利益を得た気分になります。疑似体験なのにw


 

 

この本を読んで個別株を買おうと思うか?

結論から言って

個別株に手を出そうという気にはなりませんでした。

というのも、先に渡部さんの本を読んだこともあって、藤川さんの実践どおりに個別株を買うと、確実に利益を上げられない、と感じたからです。

藤川さんの株式売買は少額で買い、少額の利益で売り、小銭を稼ぐタイプです。

それ自体は別に悪くありませんし、わずかでも確実に儲けを出せるように動くので、万が一株価が暴落しても傷は浅くてすみます。

でも短期での売り買いが基本なので、仕事を持っていても保有株のチャートは毎日見る必要があります。複数の株を持っていれば、それだけ時間もかかるわけです。

そんなに手間をかけても利益がいうほど多くない。ということはコストが過大ということです。

正直、会社員には辛いなー。

そして同じような利益を上げるなら投資信託でも可能です。もちろん、10年以上の長期に渡りますが、ほったらかしに出来る分だけ精神的負担も軽くてすみ、全体的なコスト感も低くて済むと感じました。

しかも上がる「かも」しれないわけでしょ?

下がるリスクがゼロではない。

もちろん、投資信託も元本割れのリスクはあります。

けれどすぐに損切りしなくても、長期で持てばいずれ回復するという傾向があるわけです。

個別株は株価が暴落すれば損切りして少ない損で終わらせるか、上がるかもしれないという希望にすがって塩漬けするかの二択です。そして塩漬けした株がまた上がる可能性がない、こともあります。下手すると倒産して価値がなくなったりね。

管理コスト、そしてリスクなどを考えるとド素人の個別株は危険。

というのが、この本を読んでの結論でした。

それを確信できた分だけ、価値のある本と言えるでしょう。

 

まとめ

個別株には夢があります。

¥500で買った株が¥10,000になってウハウハ♪ なんてことが実際に起こりうる世界ですからね。

でも世の中そんなに甘くない!

失敗することのほうが多いし、世界には自分以上に詳細で確実な情報を持った投資家がゴマンといます。そういう相手とやり合おう、というのは無理な話だなぁと痛感したわけです。

ふわふわっとした気持ちで株投資に手を出すと大打撃を受けますよ。

そしてプロ投資家はそういう相手からお金を巻き上げようとしているわけです。

それが株式市場という世界なんですよね。

有象無象のハイエナがうようよしている世界である、ということを忘れずに投資信託をコツコツやりたいな、と思うのでした。

 

以上、今日は藤川里絵さんの著作の紹介でした。